コンサルティング

  HOME > サービス  > コンサルティング

技術革新・普及とインフラ整備

【技術のイノベーションを考慮したプランニング】

 いま、産業分野の技術革新は非常に早いスピードで進んでいることは自動車などの移動体をみても明らかです。
 小型化、ハイブリッド車の時代から電気自動車やパーソナルビークルの時代がすぐそこまでやってきています。
 一方、みちづくりやまちづくりなどのインフラ整備は時間を要します。そのため、ライフスタイルの変化や技術革新を先読みした、新しい環境型道路や交通施策の立案が必要となります。

 

 

PHV充電施設を備えた駐車スペース

低床式LRT

パーソナルモビリティ

 

 

シンクタンク

  HOME > サービス  > シンクタンク

スマートグリッド構成イメージ

【スマートグリッドとまちづくり】

 スマートグリッドとは、ICT(情報通信技術)を用いて電力ネットワーク(送電網)インフラをインテリジェント化するもので、住宅スマートメータ、蓄電施設、自動車などの様々な革新的ビジネスの広がりが期待されています。
 エネルギーの産業革命と言われており、ヨーロッパ、米国のみならず、韓国などで積極的に取り組まれています。

 低炭素社会実現のための大きな手段として期待されていますが、わが国では、民間の保有する要素技術は世界トップレベルにあるものの、トータルのシステム統合化においては、遅れていると言わざるを得ません。

 シーズ志向ではなく、まちづくりの観点からの取り組みと準備が早急に求められます。

 

 

 

 

Copyright Smart Infrastructure Research & Development Institute Co.,Ltd.